無地アイテムを秋コーデに取り入れる時の注意点

無地アイテムを秋コーデに取り入れる際、地味に映らないように気をつける必要があります。
無地アイテムは柄物と違い非常にシンプルな印象を与えます。
これに秋コーデ主流の暖色系が絡むと、必要以上に地味に映ってしまうのです。
柄物を取り入れる割合が非常に少なくなってくるため、意識をしておかないと地味なコーディネートになってしまいます。

トップスもボトムスも、アウターも単色のアイテムが多いため、どこでメリハリをつけるか、カラーバランスで色彩を表現するのか、柄物でまとめるのかと方向性を確立しておくことも必要になります。

基本的に1色、違うカラーをコーディネートに取り入れることで、地味に見えることを抑止することができます。
暖色系がメインであれば、ホワイト系を取り入れるとアクセントをつけることができます。
イエローやレッドなどのカラーも暖色系によく映えるため人気が高いです。

例えば、ベージュに合わせやすいカラーはブラックです。
この2色のコントラストは非常に上品なイメージを与えてくれます。

このように明るいカラーと暗いカラーを組み合わせるコントラストが秋コーデには必要になるのです。
手持ちのアイテムで上手にカラーコーディネートをして、秋コーデを鮮やかにキメていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です